オリジナル紙袋の最小ロットは何枚から?1枚や10枚からも可能?

新しくショップやブランドを始めるにあたってオリジナルの紙袋を作ろうと思っている場合、いきなり数千枚単位で発注するのは少し勇気がいりますよね。

まずは少量で作ってみて、様子を見ながら増やしていく方が安全で確実です。

ここでは、オリジナル紙袋は最小で何枚から作ることができるのかを調べてみました。

また、小ロットで作るメリットとデメリットについてもご説明していきます。

オリジナル紙袋は1枚からでも作れる?

オリジナル紙袋は物理的には1枚から作ることも可能ですが、ほとんどの会社では1枚や2枚といったごく少数の枚数では注文を受けてくれません。

あまりに少ない枚数で紙袋を作ると、1枚にかかる費用が高くなってしまうためです。

色々な業者で最小ロットを調べましたが、1枚から作れるという会社はありませんでした。

製造コストが高くなれば、当然利用する私たちの支払いも高くなります。1枚の紙袋に数万円かかる、なんてことも。

これでは業者側も利用者側もどちらにとってもお金がかかるだけなので、各業者は「できるだけ安く提供できるギリギリのライン」として最小ロットという単位をもうけているのです。

 

オリジナル紙袋の最小ロットは?

オリジナル紙袋の最小ロットで多いのは100枚、300枚、500枚など。

中には最小50枚から受け付けてくれるところもあります。

たとえば最小ロットが100枚のところで制作する場合は、100枚の倍数でしか注文できません。

「50枚作りたいから、半額でいいよね!?」

というわけにはいきません。

また、最小ロットが100枚のところでは250枚の発注もできないので注意してください。100枚の倍数なので、200枚とか300枚など100で割り切れる数字での発注になります。

 

オリジナル紙袋を小ロットで作るメリットとデメリット

オリジナル紙袋を小ロットで作るメリットは、

リスクを最小限に抑えられる

ということ。

最初から大量に紙袋が必要な場合で、デザインもかっちり決まっているのであれば、いきなり数千枚単位で制作しても失敗したりあまったりするリスクは少ないと思います。この場合は最初から大量オーダーで単価を下げた方がお得。

ですが、たとえば初めてのショップ立ち上げで紙袋を作るときには、まずはリスクを最小限に抑えることが重要です。

見込みが外れて、せっかく作った大量の紙袋がずっとストックされている…なんてことにならないために、初めての場合は小ロットから作る方がおすすめ。

一方で、小ロットで作るデメリットは、

大ロットで数千枚~万枚単位で作るより単価が高くなる

ということ。

制作枚数が増えれば増えるほど、1枚あたりの単価は安くなります。

(ただ、枚数が増えれば単価が下がってもトータルの金額は当然大きくなります)

小ロットだと1枚あたりの単価は高くなるというデメリットはありますが、本当に必要なのは何枚か考えて、トータルで払う料金がいくらになるのかも考慮したうえで枚数を決めるようにしましょう。

オリジナル紙袋5社の比較はこちら >