オリジナル紙袋のデザインは自分で作る?プロに頼む?コストを抑えておしゃれに作る方法

おしゃれなオリジナル紙袋を作る場合に必ず必要になってくるのが「デザイン力」です。

袋そのものの形選びから始まって、色の組み合わせやロゴのデザイン、持ち手の種類まで、こだわりの紙袋を作るにはセンスがモノを言います。

専属のデザイナーがいない場合や、自分にデザインのセンスがないと自覚している場合でも、おしゃれな紙袋を作るにはどうしたらいいのか検証していきます。

 

オリジナル紙袋のデザインは自分でもできる?

オリジナル紙袋を作成する際には、どの業者も「完全データ」で入稿する必要があります。

データはIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)での入稿が必須というところがほとんどです。

手書きのデザインやWord、Power Point、jpegなどでの入稿だと受け付けてもらえないと思った方がいいでしょう。

デザインがない場合には、紙袋業者側でデザインやレイアウトを作成してくれるところもあります。

有料でデザイン作成してくれる会社

  • 紙袋販売net
  • レレカ
  • 紙袋工房

など

 

オリジナル紙袋用のロゴやデザインを外注するときの相場は?

もしオリジナル紙袋のデザインを外部のデザイナーに外注でお願いした場合の料金相場はどれくらいなのかも調べてみました。

クラウドワークスなどで外注を受けているデザイナーを見ると、ロゴデザインだけで数万円(安くても1万円くらい、高いと7,8万円)

これに追加のデザイン(袋や名刺のデザインなど)を依頼すると、さらに数万円上乗せされるので、もしオリジナル紙袋のデザインを依頼するとなると5~10万円ほどは見ておいた方がいいでしょう。

 

デザインができなくても、コストを抑えておしゃれな紙袋デザインを作る方法

もし有料のサービスを頼む予算がない、でも自分でデザインは作れないという場合には、berry-Bの「ロゴテンプレートサービス」「デザインラボサービス」を利用するのがおすすめ。

ロゴテンプレートサービス

→180個以上のロゴテンプレートから好きなものを選んで文字を入れるだけでロゴが完成

デザインラボラトリーサービス

→デザイナーが作成した紙袋のデザインをそのまま選んで使える

どちらも無料で利用できるので、予算を抑えておしゃれな紙袋を作りたいならこのサービスを使うといいでしょう。

 

オリジナル紙袋5社の比較はこちら >